腎結石体験談

腎結石体験談❶-1腎結石発症 ~激痛で目覚めたその日~

投稿日:2015-01-10 更新日:

腎結石の体験者

男性、50代前半、会社員Mさんの体験記です。

※体験記は全て本人の経験と言葉で綴られています。

 

あまりの激痛に6階から飛び降りかけた・・・

 

3年前の1月4日午前4時頃、正月明け初出勤の日に右わき腹に鈍痛を感じて、目が覚めてしまいました。

これまでに体験したことのない痛みは、時間とともにますます強くなります。

痛みを和らげるため、便意もないのにトイレに座ったりして、色々な姿勢を試しますが、一向に痛みは去ってくれません。

その痛みたるや、50数年間の人生の中で、これほどの痛みを経験したことはありません。

6階にある我が家の窓から飛び降りて、楽になりたいと思ったほどです。

七転八倒という言葉は、この体験をするまで、想像のものでしかありませんでした。

ところが、このときの体験で初めてそれを実感しました。

トイレから戻って、身体の向きを右に変えようが、左に変えようがまったく効果はありません。

我慢強いことが唯一の自慢でしたが、このときばかりは、何の信心もないくせに祈ってしまいました。

妻とは寝室が別なので、気づいてくれません。

気づいたところで心配させるだけなので、起こしもしませんでしたが、実はこれを後悔することに。

結局、いつもの起床時間の6時半まで一睡もできず、痛みを我慢し続けました。

ようやく起床後の妻に、この痛みを報告したら、ロキソニンの服用を勧めてくれ、何とか痛みから解放されます。

もっと早くを妻を起こしておけば、激痛から早く開放されていたのに。実は妻の職業は看護師だったのです。

少し前に歯医者で抜歯したとき、痛み止めのロキソニンを貰っていたのも幸いしました。

痛みが和らいだおかげで電車に乗り、出勤し会社の健保組合の診療所に行きますが、内科しかありません。

医者の診断でおそらく腎結石だろうとされましたが、初日のこともあり、腹部エコーも取れないので、とりあえず痛みを抑えるためロキソニンを処方してもらいました。

翌日、ようやく腹部エコーをとって、腎結石であることが判明します。

ところが、内科では治療できないとのことで、近くの総合病院の泌尿器科を紹介され、さらにその翌日、診察を受けました。

泌尿器科でも腹部エコーを再度取られますが、激痛は右腹部だけなのに、左の腎臓にも結石が発見されました。

 

やはり腎結石との診断を受ける

 

痛みが出てから、3日目にようやく総合病院の泌尿器科で診察を受けました。

尿検査の後、レントゲンを撮り、腹部エコーも撮ります。

両側の腎臓に結石が移っています。

サイズはかなり小さく、右が3mm程度、左が2mm程度だそうです。

エコーの画像を見せられ、説明を受けますが、モノクロ写真なのでよく分かりません。

こんな小さな石が、あれほどの痛みを引き起こすのだから、人間の身体は不思議なものだと実感しました。

医者からは薬を処方されますが、とにかく水分を多めに摂ることを薦められます。

できるだけ自然に結石が出るほうがいいそうです。

また、私のように結石のサイズが小さい場合、体内に残したままでも日常生活に問題がないので、腎臓結石を残したままの人も多いと説明を受けました。

さすがに結石が大きい場合は、外科的治療を受けるそうですが、現在では開腹手術や内視鏡手術はほとんど行われないそうです。

手術をしない場合、体外衝撃波結石破砕術という方法が一般的だと教えてくれました。

医者によると、体外衝撃波結石破砕術とは、音波のような衝撃波を結石に向けて体外から照射する方法です。

特殊な装置で衝撃波を発生させるので、手術のように身体を傷つけたりせず、結石のみを細かく破砕する最新の治療法のようです。

レントゲンや超音波で結石に焦点を合わせ、衝撃波を照射し、砂状に粉砕された結石は尿とともに自然に体外へ排出されます。

この装置の優秀な店は身体の表面だけでなく内臓にも傷を与えず、腎臓や尿管の結石だけを砕くことができる点です。

衝撃波の通る途中経路の組織にはほとんど影響を与えない点が大きなメリットで、現在では腎臓結石や尿路結石の大半がこの方法で治療されているようです。

私のように、結石が小さな場合は、このような方法は必要ではないそうですが、自然に結石が流れないまま、大きくなってしまう恐怖が続くより、根本から取り除きたいと思ったものです。

不幸中の幸いというか、何と言うか、その後再発の際に左の結石は流れてしまいましたが、右の結石はまだ体内に残ったままです。

痛みが再発しないことを祈るばかりです。

 

腎結石体験談❶-2~腎結石について調べたことと処方された薬~

へと続く

コップの水

-腎結石体験談
-, , ,

執筆者:

関連記事

腎結石体験談❶-3 ~腎結石にかかった治療代と体外衝撃波結石破砕術~

腎結石の治療代   腎臓結石の治療費用については、症状や治療法によって随分、差が出ます。 私の場合は、検尿とレントゲン、腹部エコーの3つの検査と薬代だけでしたので、初診料を含めて、4,000 …

腎結石体験談❶-5 ~腎結石が再発した~

糖尿病治療は相変わらず、継続していましたが、腎結石のほうは痛みがなくなれば治療もしなくなります。 相変わらず、体重の増減によって、血糖値も高下を繰り返していました。 そんな矢先、今度は8月のお盆明けに …

腎結石体験談❶-2~腎結石について調べたことと処方された薬~

腎結石の原因と注意すべき食べ物   私の持病は糖尿病です。 糖尿病は腎臓結石のリスクを高めるそうです。 腎臓結石になって泌尿器科で受診する前から、糖尿病の薬は飲み続けています。 エコー画像を …

腎結石体験談❶-6 ~再発はイヤだ!~

その後の経過ですが、 糖尿病の検査と投薬は続けていますが、腎結石や尿路結石はその後、発症していません。 自然に石が排出されればいいのですが、石は腎臓に残っているようです。 石が動く時はかなり痛みが伴う …

腎結石体験談❶-4 腎結石と糖尿病

腎結石のその後 私は数年来、糖尿病の治療を受けています。糖尿病は完治しない病気の代表のようにいわれ、死ぬまで薬を飲み続けることを覚悟していました。 若い頃から、高脂血症、いわゆるコレステロール値が高い …