尿管結石って何?

   2015/06/27

尿管結石というのは、簡単に説明すると「尿管に出来た結石」ということになります。

尿管というのは腎臓から膀胱まで尿を運ぶ器官のことを指していて、尿道と混同されることも多いですが、尿道というのは膀胱から外に尿を排出する器官となります。

尿が排出されるまでのサイクルを説明すると、

「腎臓→尿管→膀胱→尿道→排出」

という流れになります。

 

次に、結石についてですが、結石というのは腎臓の中で濾過される不純物が石のように固まってしまった結晶のことを指しています。

腎臓というのは体内で発生してしまった老廃物を濾過して洗浄してくれる働きがあるのですが、一定の条件が重なると、この老廃物が固まってしまいます。

そうして出来た結石が尿管に流れ込んでしまう状況のことを尿管結石と呼びます。

 

尿管結石のほとんどは発生したとしても気づかないぐらいに小さなものが多いです。

気づかないために、知らず知らずのうちに尿として排出されることになりますが、排出するのが難しいほどに大きな結晶になってしまった場合は激しい痛みを伴うことが多いです。

通常、尿管及び腎臓内に出来てしまう結石の大きさは1ミリにも満たないほどの大きさとなっていて、レントゲンやCTスキャンなどで検査をしても確認する術はありません。

このサイズなら痛みを伴わずに排出されるので問題ないのですが、直径で4ミリを超えると尿管よりも大きなサイズとなってしまいますので、結石が尿管に食い込んで激しい痛みが生じることになります。

結石

尿管結石の画像をインターネットなどで検索してみてもよく分かりますが、ものすごく攻撃的なフォルムとなっていて、形状としては草花のオナモミに近い形状をしていてトゲトゲとした石のようになっています。

尿管結石は腎不全や膀胱炎などを発症してしまう原因になってしまうこともあります。

これは、通常通りに尿が排出されなくなる(痛みによって排出するのが困難になる)ということも含まれていますが、腎臓に老廃物が溜まってしまって体調が悪くなるということが挙げられます。

中には40度近くまで発熱してしまう人もいますので、下腹部に疼痛を感じたら近くの泌尿器科か専門医まで診察を受けに行くと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket