腎結石体験談❶-3 ~腎結石にかかった治療代と体外衝撃波結石破砕術~

   2015/11/13

腎結石の治療代

 

腎臓結石の治療費用については、症状や治療法によって随分、差が出ます。

私の場合は、検尿とレントゲン、腹部エコーの3つの検査と薬代だけでしたので、初診料を含めて、4,000~5,000円でした。

痛みがなくなったので、1回しか通院していません。従ってこれが治療費の全てです。

症状が重いケースでは、体外衝撃波結石破砕術を受ける必要があるので、一気にコストアップにつながります。

私は幸運にも、この治療法を受ける必要がなかったので本当に助かりました。

 

体外衝撃波結石破砕術を受けた場合の概算費用がネットに掲載されていたので、以下に紹介します。

健康保険3割負担の場合で、約90,000円必要になります。施術に関しては1回で済む場合と複数回必要な場合があります。

平均は1.14回ということなので、ほぼ1回で治療を終えるケースが多いようです。

平均入院日数は2~3日でこの費用です。

平均が9万円ですが、結石が片側なのか両方にあるのかによって費用が変わってくるようです。

片側であれば、結石を何個破砕しても、何回照射を行っても、初回のみ費用が算定され57,900円で、以降は無料です。

結石が両側にあれば、右側、左側の初回治療日に、それぞれ1回ずつ算定するので、全体としては片側の結石破砕の2倍の費用115,800円が必要になります。

診察料や検査料、投薬料はそのつど必要になりますが、健康保険が適用されるので、それほど高額にはならないようです。

病院にもよりますが、入院せずに日帰りで外来通院治療ができるところもあるそうです。

施術後、結石がどうなるかというと、細かく破砕された結石は尿とともに自然に排出されます。

排出までの時間は患者によって異なるようですが、通常は1週間~2週間です。

治療時間そのものは1時間以内に終わるケースがほとんど。痛みもあまりないので、麻酔は不要(ただし鎮痛剤は使用するとのこと)です。

副作用・後遺症もほとんどなく、再発の場合の治療法としては、最適です。

再治療には通常1カ月程度の期間をあける必要があるそうです。

 

腎結石体験談❶-4 腎結石と糖尿病へ続く

コップの水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket