尿管結石体験談❶30代半ば男性「ワ、ワイン色の血尿が出た!?」

   2015/11/13

尿管結石と闘った人

男性、30代半ば、インストラクターKさんの体験記です。

※体験記は全て本人の経験と言葉で綴られています。

 

自覚症状

僕の場合は、結石が出るまでの間に、約2週間の「腰回り」の「鈍痛」がありました。

ちょうどその鈍痛を感じる、数日前に、同僚のコーチと真剣勝負をした後なので、筋肉痛が中々、おさまらないな・・・と言った具合で、その「鈍痛」自体は、耐え難いものでもなく・・・仕事柄、よくなることと錯覚していた感じでした。

流石に、それが2週間にわたって続くのは「異常」と感じていましたので、シップを張ったり、ストレッチをしたりして、様子を見ていたのを、覚えています。

練習した同僚には、まだ、腰にだけ疲れが残っていると会話し・・・僕が34歳、後は32歳・26歳で・・・

30を超えている二人は、純粋に、体力が落ちてきてるのか?と話していました。

前兆としましては、尿の色が、妙に濃い感じで「茶系」でした。

その数日後に、夜中に違和感と変な汗をかいて目が覚め・・・

よくわからない違和感のまま、トイレにいき・・・ものすごく尿意に反して、実際は出ない、出にくい感じから・・・突如「激痛」が走りだし・・・

かなり気が動転していましたが・・・「な、なんか、なんか・・・産まれる!!!!!!」とそれはもう、2度と経験したくないような、今まで経験したことのないような痛みでした。

僕の場合、若干の血尿もでましたので・・・こ、これはやばいな・・・と。

その後は、どんどん汗も引き・・・時間とともに楽になってきました。

 

診察について

僕は普通の内科に向かいました、通常は結石が出た時に音がしたりするので、気づくのですが、僕の場合、それには気づかず「血尿」のほうが、不安でした。

病院に行くときの気持ち・・・なんですが・・・内科でしたので、まだ幾分ましでしたが・・・

正直・・・細かくチェックされるのは、嫌やなぁ・・・と少し、症状より、そちらが不安でしたね。

尿検査をして、お腹、背中を先生が抑え・・・どこに違和感、痛みがあるのかのチェック。

その後・・・もう尿に血は入っていないことから、尿管結石であると診断されました。

背中の「鈍痛」は若干残っていることから、対策としては「水分」はかなり多くとるように言われました。

僕の場合「結石」自体は、「小さいもの」と先生は診断。

理由としては・・・音が自分で聞こえなかったこと。それから、あまりに大きいサイズの場合は・・・失神するほどの「激痛」をともなうので・・・自ら「トイレに行く」ことができたり等で、軽いものと言われました。

ただ・・・正直。。。あの痛みで「軽い」と言われると・・・もしまだ残っていて大きい場合は・・・

「恐怖」・・・その一言に尽きます。・・・とにかく、小さめであっても「激痛」です。

お薬は処方されず・・・通常の診察代だけで、このまま1週間。

鈍痛が続くのであれば、専門科に行くこと。

結石のサイズによって、治療法は、僕のように水分を多くとって様子を診る。

薬で削る・・・もしくは「超音波」のようなもので「砕く」治療があることを説明されました。

幸い、僕の場合は再発は一ヶ月経った今もなく・・・鈍痛も消え・・・元気に過ごしています。

僕ぐらいの「壮年男性」の10人に一人はなるそうで・・・僕は大丈夫!と思える病気ではなく、いつ誰に起こってもおかしくないと言われました・・・。

 

個人の感想

「ビール飲んで、ジャンプしまくって自ら出した!!」

「コーラを飲んで縄跳びの二重飛びで、自ら出した!!」等のツワモノの体験談も聞かせて頂きましたが・・・。

個人的には、病院に行って下さい・・・と思います。

 

男性で、しかも・・・石が大きかった方のお話も聞けたのですが・・・

「う、産まれる!!」という、僕の表現は、あながち大げさやネタではないようで・・・・

状況しだいでは・・・「爆発する!!!!」ぐらいの気持ちになった方もいるようですね。

体質にもよりますし・・・食生活の欧米化が主な原因で、身近な病気となっているようです。

僕の場合「和食」好きで、野菜等もとっていますし・・・持病の関係で水分も人よりは多くとっているのですが・・・なった・・・なったんです・・・。

 

そのことを踏まえたうえで・・・事前対策としては・・・。

眠る2時間以内の、食事は控えること。水分はOK!!

それから、欧米食品の過剰摂取は控えること・・・が先生のお話。

 

硬いもの「ピーナッツ」などを、毎日のように食べる人も、なりやすいというのは、人から聞いたお話です。

 

僕の経験上・・・こ、これは「尿管結石だ!!」と・・・事前に気づくのは難しいと思います。

「鈍痛」に関しても・・・長時間運転・・・同じ体勢・・・僕で言えば「仕事のテニス」をしていれば・・・

「疲れてきてるな」ぐらいにしか思わない程度です・・・。

 

尿の色に関しても、ちょっと濃いかもれませんが・・・そこまで普段から過敏に反応できる人はいないとも思います。

普段からの、食生活等をきっちりしていて、なる時はなる・・・体質にもよるもののようです。

お役に立てるかどうかは、わかりませんが・・・。

細かい結石の場合・・・普段からの水分摂取量が多ければ・・・気づかない、違和感程度ですむので、よく水を飲むようにしましょう。

現在は再発しないように、普段の生活習慣に気を配っています。

 

しかし、あれはもう2度と体験したくないですね。

コップの水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket